笑っている税理士

新着記事

タダで相談が可能です

税理士による無料相談を利用すればタダです

計算機とレシート

税理士とは税務全般に関する専門家としているたちばなので、依頼や相談には費用がかかってくると思われがちです。しかし細菌は無料相談サービスなどが増えてきており、タダで相談をすることが出来ます。

個人でも

個人向けの相続サービスを提供する税理士が増えてきました

本

税に関する相談を受ける税理士ですが、最近では相続税に関する相談が増えています。新宿の税理士事務所には相続専門のサービスを提供しているところもあります。サポートもあるので依頼者も多いです。

税理士の得意分野

税理士にも得意分野がある

ハンマー

税理士とひと口に言っても、税というのは多種類に渡るものですし、彼らの仕事も幅広いものとなっています。彼らには、それぞれ得意分野というものがあるのです。相談内容に合った税理士を見つけることが大切なのです。

業務と費用について

税理士業務と費用について

軽食altpage

税理士とは国家資格をもった税務のスペシャリストのことです。その税理士業務と費用についてここでは紹介しています。また経費の移り変わりについても現在では自由に価格を決められうようになっています。

税理士に相談を

困った時に頼りになる税理士を大阪で探す時には人気上位から選びましょう。多くの人に支持される事務所はココから見つけることができます。

お金

税務の専門家である、税理士は看板などでも、お馴染み深い業種で開業している場合もあります。また大きな会社になると、社員として勤務する人のなかに、税理士資格を持っている事もあります。それからまだ、税理士としての登録がなく税理士試験へ、合格した場合もあるそうです。大抵の場合は、税金の納付に関する、書類の作成を行うことができます。一般的に12月または、3月に企業の会計が決算をむかえるので、税理士事務所もこの頃が繁忙になります。法人会計は小規模事業主も、範囲になるわけですが、年間売上げ額が2千万円未満の事業所は適応しません。そういう訳で、小さ過ぎる会社は青色申告という、やり方にかわります。また資本金が2百万円以下の場合も、税理士の適応がないでしょう。

社内経理で簿記や、記帳の仕事をおこなう人がいて、税理士法人と密な経理計算のやり取りをします。月額記帳代行の場合は、一万円程度の受任料金で指導ができるでしょう。月次記帳代行の際は、書類の作成とともに、会社組織内部の会計指導を行います。先程も述べたように、あまりに少ない税金の納付になると、顧問料を徴収できない可能性がでてきます。小さな会社や、個人事業主に近い形態の場合だと、顧問料も安くなります。税理士にとっても、顧問についている会社が、儲かって利益で潤う事がのぞまれるのです。それから決算申告の代行になると、年額で十万円から十五万円程度、の予算になるでしょう。何れもこの金額は、下限額になるので、これより安い税務代行料金はないでしょう。